HOME > 企業情報 > プレスリリース > 「カルピス」由来の乳酸菌から生まれた発酵乳ホエイに肌にうるおいを与え、
肌構造を維持し、ターンオーバーを促進させる因子への効果があることを発見

プレスリリース

  • 2018.10.12「カルピス」由来の乳酸菌から生まれた発酵乳ホエイに肌にうるおいを与え、
    肌構造を維持し、ターンオーバーを促進させる因子への効果があることを発見

「カルピス」由来の乳酸菌から生まれた発酵乳ホエイに
肌にうるおいを与え、肌構造を維持し、ターンオーバーを促進させる因子への
効果があることを発見
「カルピス」由来の乳酸菌から生まれた発酵乳ホエイの新機能
~化粧品素材として活用可能~

 アサヒカルピスウェルネス株式会社(本社 東京、社長 千林 紀子)は、「カルピス」由来の乳酸菌の一種で
あるL. helveticus(ラクトバチルス・ヘルベティカス)CM4株で発酵させた発酵乳由来の成分である
発酵乳ホエイ*1(以下、LH発酵乳ホエイ)に、肌にうるおいを与え、肌構造を維持し、ターンオーバーを
促進させるたんぱく質を増やす効果があることを確認しました。この研究成果を東洋ビューティ株式会社
(本社 大阪、社長 増井 勝信)と共同で、世界最大の化粧品学術大会 IFSCC (The International Federation of Societies of Cosmetic Chemists / 国際化粧品技術者会連盟)2018 Congress (2018年9月18日~21日、ドイツ)にて発表しました。

-研究背景-

 これまで、L. helveticus (ラクトバチルス・ヘルベティカス)CM4株で発酵させた発酵乳(以下、LH発酵乳)を
飲むと、血圧降下作用や寿命延長などの効果があることを実証してきました。また、発酵乳の皮膚への有用性に
関しては、LH発酵乳を配合した飲料の摂取により、皮膚角質層の水分量が高まることを確認しました*2
このたび、LH発酵乳の飲用時の効果だけではなく、塗布時の効果を確認するために、LH発酵乳から精製した
LH発酵乳ホエイの皮膚に及ぼす影響を調べました。

-研究成果-

 LH発酵乳ホエイを肌の表皮培養細胞に添加した時に、表皮細胞中のフィラグリン、インボルクリンのたんぱく質量、トランスグルタミナーゼ-1の活性が増加することを確認しました。フィラグリンは、皮膚の天然保湿成分の元になるたんぱく質であり、インボルクリンは、表皮細胞が角化する際に必要になるたんぱく質です。
また、トランスグルタミナーゼ-1は、インボルクリンなどを結合させる酵素で、正常な肌構造を維持し、肌のターンオーバーを促進する働きがあります。フィラグリンとインボルクリン、トランスグルタミナーゼ-1の活性が増加したことから、LH発酵乳ホエイを肌に塗ると、肌にうるおいを与え、肌構造を維持し、細胞のターンオーバーを促進する効果が期待できます。

<参考:肌表面の構造>

-実験方法-

 表皮角化細胞をLH発酵乳ホエイ 0.5%添加した培地で72時間培養した後、細胞を溶解しました。
細胞溶解液中のフィラグリンとインボルクリンのたんぱく質量、トランスグルタミナーゼ-1の活性をELISA法*3
測定しました。

-結果の詳細-

 フィラグリンとインボルクリンのたんぱく質量、トランスグルタミナーゼ-1の活性がLH発酵乳ホエイ 0.5%添加
すると増加することがわかりました(LH発酵乳ホエイ無添加の場合を100%とすると、フィラグリン産生量は127%、
インボルクリン産生量は130%、トランスグルタミナーゼ-1活性は137%となりました)。

-用語説明-

*1 LH発酵乳ホエイ

 発酵乳ホエイの元になる発酵乳は、脂肪分を取り除いた牛乳を乳酸菌で発酵させてつくります。つくられた発酵乳を固形成分と水溶成分に分けたときの水溶成分を発酵乳ホエイといいます。LH発酵乳ホエイの発酵に使った乳酸菌
L. helveticus(ラクトバチルス・ヘルベティカス)CM4株は「カルピス」由来の乳酸菌で、これまでの研究で、
たんぱく質の分解活性が他の乳酸菌よりも強いことがわかっています。そのため、
LH発酵乳ホエイには、アミノ酸やペプチドが多く含まれています。

*2 LH発酵乳のこれまでの研究

 これまでの研究成果は以下のリリースをご参照ください。
Lactobacillus helveticus発酵乳配合飲料の摂取により皮膚角層の水分量が高まることを確認
https://www.asahicalpis-w.co.jp/company/press/2015/200904_02/

*3 ELISA法

 Enzyme-Linked Immuno Sorbent Assayの略称。
サンプル中に含まれる定量したいたんぱく質に特異的な抗体を準備し、たんぱく質と抗体を結合させて
定量する方法です。

本件に関するお問合せ先
アサヒグループホールディングス株式会社 広報部門 電話:03-5608-5126

「カルピス」は、アサヒ飲料株式会社の登録商標です。

アサヒカルピスウェルネス株式会社