HOME > 企業情報 > プレスリリース > 2015年以前 > 乳酸菌が作るペプチドに記憶力向上作用を発見

プレスリリース

※2015年以前に発表された、プレスリリースの内容を掲載しています。

2012.10
乳酸菌ラクトバチルス・ヘルベティカス発酵乳の研究

乳酸菌が作るペプチドに記憶力向上作用を発見

第64回 日本生物工学会大会(10月23日-26日)にて発表

カルピス株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:山田藤男)発酵応用研究所は、乳酸菌Lactobacillus helveticus(以下、ラクトバチルス・ヘルベティカス)*1発酵乳の中から記憶力向上作用を持つペプチドを、中部大学 応用生物学部 横越英彦教授との共同研究で確認しました。この研究結果を第64回日本生物工学会大会(2012年10月23日-26日)で発表しました。


【研究の背景】
 当社は1970年代より、「カルピス」を製造する過程で生み出される発酵乳である「カルピス酸乳」*2の機能性研究を続けており、特に「カルピス酸乳」に含まれる乳酸菌ラクトバチルス・ヘルベティカスで発酵させた発酵乳に着目して、これまでに寿命延長、抗腫瘍、免疫賦活、血圧降下、疲労回復、ストレス低減などの作用があることを明らかにしてきました。さらに、発酵乳の“記憶障害の予防”および“記憶力の向上”作用を確認し、2010年度・第64回 日本栄養・食糧学会にて報告しました。今回は、発酵乳の中に含まれる“記憶力向上”作用に関与する成分を明らかにしました。

【研究の成果】
 発酵乳の中から、“記憶力向上”作用を示す成分を発見しました。この成分は、乳酸菌が牛乳に含まれる乳たんぱく質を分解することで得られるペプチド*3であることが明らかとなりました。

【試験結果】
 1.発酵乳由来ペプチドの記憶障害予防作用
発酵乳の中から発見したペプチドをマウスに与えた結果、有意に短期記憶障害を予防しました。
2.発酵乳由来ペプチドの記憶力向上作用
発酵乳の中から発見したペプチドをマウスに与えた結果、有意に2日後の記憶保持が向上しました。

記憶力向上グラフ


【まとめ】
 発酵乳から発見した、乳酸菌が作り出したペプチドを与えることにより、「記憶障害の予防」および「記憶力の向上」に効果があることをマウスで確認しました。この作用はヒトにも期待され、「もの忘れ」の予防や「脳機能の維持」に役立つ可能性があります。当社では今後も研究を継続し、関連するエビデンスを積み上げて参ります。


1.用語について

*1) Lactobacillus helveticus(ラクトバチルス・ヘルベティカス)
ラクトバチルス属の乳酸菌の一種で、チーズなどの発酵に用いられるたんぱく質分解能力の高い乳酸菌。
今回使用したのは、「カルピス菌」(乳酸菌飲料「カルピス」を製造するときに用いる菌で、乳酸菌や酵母などの集合体)を構成する主要な乳酸菌。
*2) 「カルピス酸乳」
「カルピス」は、生乳を脱脂し、独自のカルピス菌(乳酸菌と酵母の共生体)を用い、二度の発酵を経て作られるが、この製造工程で作られる一次発酵乳を、当社では「カルピス酸乳」と呼んでいる。
*3) ペプチド
ペプチドは、アミノ酸が数個つながった状態のもので、たんぱく質を分解する過程などに生成される。

 当リリースに関する詳細は、こちらをクリックすると、PDF形式でダウンロードできます。


プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。