HOME > 企業情報 > プレスリリース > 2015年以前 > 血圧降下作用のある『カゼイン酵素分解物』がメタボリックシンドローム、高血圧などとの関連が注目される〝血管内皮機能〟を改善

プレスリリース

※2015年以前に発表された、プレスリリースの内容を掲載しています。

2006.10
国際高血圧学会(10/18)にて発表

血圧降下作用のある『カゼイン酵素分解物』が
メタボリックシンドローム、高血圧などとの関連が
注目される〝血管内皮機能〟を改善

-血管内皮機能の低下は、動脈硬化などを引き起こす要因-

カルピス株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:石渡 總平)基礎研究フロンティアラボラトリーは、当社独自の素材で食品由来のアンジオテンシン変換酵素阻害ペプチドであるVPP・IPP(「ラクトトリペプチド」)を含む『カゼイン酵素分解物』を使用した研究を実施し、『カゼイン酵素分解物』が血管内皮機能を改善することを確認しました。この研究成果は、福岡で開催されている国際高血圧学会で18日に発表します。この研究は、国立循環器病センターの内科心臓血管部門の北風政史部長らとの共同研究です。

 血管の最も内側(内膜)にある血管内皮は、全ての血管に存在し、血管機能を正常に保つ役割を担っています。メタボリックシンドロームや高血圧、高脂血症などの外的要因によって血管内皮が障害され血管機能が低下すると、動脈硬化などの循環器病の発症リスクが高まることが明らかになっています。今回の研究は、(高血圧などの生活習慣病や動脈硬化と関係の深い)〝血管内皮機能〟に着目し、血圧降下作用のある『カゼイン酵素分解物』を用いて、血管拡張性を指標に、低下した血管内皮機能の改善作用を観察しました。

 軽症高血圧者を対象に試験した結果、VPP・IPPを含む『カゼイン酵素分解物』の摂取により、血管の拡張性が改善したことが明らかになりました。その拡張性は、血管内皮に依存することが示唆されたことから、『カゼイン酵素分解物』には、低下した血管内皮機能への改善作用があることが明らかになりました。
  
 以上の結果、『カゼイン酵素分解物』は、血管内皮機能の改善を通して、動脈硬化などの循環器病(生活習慣病)の予防に有用である可能性が示されました。


【背景】
当社は、発酵乳「カルピス酸乳」*1の生理機能研究を70年代に本格的に開始し、血圧降下作用などを実証してきました。血圧降下の研究では、「カルピス酸乳」の発酵過程で、乳たんぱく質のカゼインから得られるVal-Pro-Pro(VPP)、Ile-Pro-Pro(IPP)の2種類のペプチドが、血圧を上昇させるアンジオテンシン変換酵素(ACE)を阻害する作用があることがわかり、「ラクトトリペプチド」と名づけました。現在まで、正常高値血圧者、軽症および中等症高血圧者への血圧降下作用や安全性などの研究で成果をあげています。
今回研究で使用した『カゼイン酵素分解物』は、乳タンパクの一種であるカゼインを酵素で直接分解することで「ラクトトリペプチド」を効率良く製造できる新技術を活用して作ったものです。

研究対象となった〝血管内皮機能〟は、生活習慣病の予防に重要な役割を担っています。血管内皮は、一酸化窒素(NO)などの血管調節因子を産出し、血管の拡張や筋肉の弛緩、血液の線溶、血流のコントロールをすることで血管機能を維持し調節します。高血圧や高脂血症などによって障害を受けると血管内皮機能が低下し、動脈硬化をはじめとする循環器病の発症リスクが高まることが明らかになっています。このたび、VPP・IPP(「ラクトトリペプチド」)を含む『カゼイン酵素分解物』の血管へ及ぼす影響として、高血圧とも深い関係のある〝血管内皮機能〟に着目し研究しました。

【試験】
被験者は40歳以上65歳以下で、軽症高血圧(収縮期血圧140-159mmHg、拡張期血圧90-99mmHg)の日本人男性24名を対象としました。試験食にはVPP・IPP(「ラクトトリペプチド」)を含む『カゼイン酵素分解物』を、プラセボ(擬似食)にはカゼインナトリウムを用いました。これらを1日当たり1.25g、1週間摂取させ、プラセボを対照とした二重盲検クロスオーバー試験を行いました。
(1)検査項目は、プレティスモグラフィー*2による血管内皮機能、血圧、脈拍数、血漿マーカーとしました。各検査項目を『カゼイン酵素分解物』摂取群とプラセボ摂取群ならびに試験食摂取前後において比較しました。
(2)また、検査項目の結果が血管内皮依存的であることを確認するため、直接血管を拡張させる薬を使用し、血管内皮非依存性の血管拡張反応を比較しました。

【結果】
(1)『カゼイン酵素分解物』摂取前後およびプラセボ摂取群と比較したところ、『カゼイン酵素分解物』を1週間摂取したことによって、駆血(血流を止める)解放後15秒間の血流量の有意な増大が観察されました。また、血流解放後45秒間における被験食とプラセボの曲線下面積についても有意な増大が観察されました。(図1)
(2)また、直接、血管拡張を働きかける薬を使い、血管内皮に依存しない血管拡張反応を調べた結果、『カゼイン酵素分解物』摂取群、プラセボ群の間で血管拡張に有意差が認められなかったため、『カゼイン酵素分解物』の摂取による血管内皮機能改善が明らかになりました。

(3)血管内皮機能の低下と高血圧は深く関わっており、お互いに悪影響を及ぼすことがわかっています。そこで、血管内皮機能が改善されたときに『カゼイン酵素分解物』による血圧降下作用が働いているかどうか確認したところ、被験者の血圧は低下せずに、内皮機能のみ改善されていました。これにより、『カゼイン酵素分解物』の血圧降下作用は、血管内皮機能が改善された後に起きる可能性が見出されました。当社のこれまでの研究では、血圧降下作用は、概ね摂取後2週間以降から現れることがわかっていました。今回の摂取期間は1週間であったため、1週間の継続的な摂取により、内皮機能が改善され、2週間続けて摂取することで血圧が低下しはじめる可能性が考えられました。

これらの結果から、VPP・IPP(「ラクトトリペプチド」)を含む『カゼイン酵素分解物』が血管内皮機能を改善させることで、血管を拡張させ、心血管疾患などの循環器病の予防に寄与する可能性が示されました。
当社は、今後もVPP・IPP(「ラクトトリペプチド」)を含む『カゼイン酵素分解物』の血管内皮機能に関する研究を行っていくと同時に、他の機能面についても研究を進めていきます。

図1 摂取後の前腕動脈血流量

図1 摂取後の前腕動脈血流量


【参考】

 ※メタボリックシンドローム
 1)内臓脂肪蓄積としてウエストが男性:85cm以上、女性:90cm以上
 2)HDLコレステロール 40mg/dl未満またはトリグリセリド値 150mg/dl以上
 3)空腹時血糖値 110mg/dl以上
 4)血圧 130/85mmHg以上
のうち、1)を満たし、その上2)から4)の項目で2項目以上を満たすものを複合型代謝症候群としてメタボリックシンドロームと定義されています。危険因子が増大すると動脈硬化を引き起こしやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞の危険度が上昇します。そこで、動脈硬化を予防するために、血管内皮機能を改善することが重要視されています。

※動脈の仕組み
 動脈は、内膜の内皮細胞層と中膜の平滑筋層と外膜からなります。内皮細胞は環境変化に応じて血管や血液へさまざまな指令を出し、平滑筋はその内の血管拡張・収縮指令を受けて血管を拡張させたり、収縮させることにより血圧や血流をコントロールするので、内皮細胞が障害を受けると、これらの機能が低下していきます。
 内皮細胞の出す指令物質の内、強い血管拡張作用のある一酸化窒素(NO)は、動脈硬化の進行や血栓の形成を抑制する働きもあるため、内皮機能の低下は、血管全体の機能低下のみならず、動脈硬化や循環器疾患の引き金になると考えられています。


【参照】 *1「カルピス酸乳」の研究

 「カルピス」の製造前段階の発酵乳「カルピス酸乳」の生理機能研究を1970年代より本格的に開始し、寿命延長効果、抗ガン作用を1980年に発表し、その後、血圧降下作用、腎障害防止効果、疲労回復効果、免疫賦活効果など多くの生理機能を実証してきました。血圧降下作用および疲労回復効果は、ヒトでの試験でも成果を実証しています。


【参照】*2プレティスモグラフィーによる測定

 血管内皮機能を測定するにあたり、今回は、体を傷つけないで簡単に測定できるプレティスモグラフィーを採用しました。
 測定は、安静時に前腕血流量を測定して基準値とした後、内皮による血管拡張反応を前腕の体積変動によって観察しました。
 まず上腕に圧力をかけて血流を一時的に止めることにより、人為的に虚血状態を作り出します。するとその虚血状態が内皮細胞を刺激し、内皮細胞から各種血管拡張因子が放出されます。その後、血流を開放すると、放出された因子により、血管が拡張し血流が増大します。しかし、内皮が障害を受けて血管内皮機能が低下している血管では拡張が起こりにくく、血流量の増大があまり認められません。
 今回行ったプレティスモグラフィーでは、増大した血流を確認するため、上腕の外周変化を基に体積変動を測定し、安静時との体積変動差をみます。また、内皮細胞とは別に、平滑筋により血管の拡張性が変化することもあるので、内皮非依存的な反応をあわせて調べました。


プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。