HOME > 機能性素材について > 「枯草菌C-3102株」と腸内環境

「枯草菌C-3102株」と腸内環境

「枯草菌C-3102株」は99%が生きて大腸まで届き、一人ひとりが元々持っている善玉菌を増やし、腸内環境を改善します。

ヒトのおなかの中には、数100種類100兆個ともいわれる膨大な数の腸内菌が棲んでいます。それらは、乳酸菌やビフィズス菌など身体に有益な善玉菌と有害な悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌に分類できます。善玉菌が減少して悪玉菌が増加すると、便秘や下痢のみならず、全身の免疫力・抵抗力の低下などの問題が生じるといわれています。ですから、腸内環境を良い状態に保つことは、ヒトの健康にとって、とても重要なことなのです。

私たちは長年の微生物研究から、「枯草菌C-3102株」に整腸作用があることを見出しました。口から摂取した「枯草菌C-3102株」が胃・腸管でどのような働きをするのかをシミュレーションするために、人工胃腸管モデルという装置を用いて検討してみると、摂取した「枯草菌C-3102株」のほとんどが胃酸や胆汁酸の影響を受けずに生きて腸まで届き、善玉菌のビフィズス菌を増やしてくれることが分かりました。実際に、ヒトを対象とした試験においても腸内環境の改善をさまざまな指標で確認しています。さらに、ヒトに限らず様々な動物でもその効果を確認しており、家畜の健やかな成長にも役立つことが分かっています。

私たちは、乳酸菌研究から培った微生物活用技術を活かして、さまざまな可能性に挑戦していきます。

「枯草菌C-3102株」