HOME > 企業情報 > 安全・安心・環境への取り組み > 環境活動について

環境活動について

環境活動への取り組み

アサヒカルピスウェルネス社では、自然の恵みである生物資源を活用して事業活動を行っております。
このため、地球環境への貢献は企業としての当然の責任と捉え、環境基本方針を定めるとともに、ISO14001に
基づく環境マネジメントシステムを構築しています。

環境基本方針

基本理念

私たちは、「自然の恵み」がもたらす独自の機能性素材やその活用技術が、事業活動の根幹であることを
自覚し、健やかな地球環境を次世代に残していくことを責務と考え、行動していきます。

行動指針

  1. 環境貢献型製品の開発と販売を通じて地球環境に貢献します。
  2. それぞれの業務プロセスにおいて、環境への負荷を常に意識して取組みます。
  3. すべての職場で省資源・省エネルギー、リサイクルに取り組むことで、環境に負荷をかける物質の削減に
    努め、地球温暖化の抑止による環境保護に努めます。
  4. 環境に関する法規制、協定などを順守するとともに、的確な対応と適切な情報開示に努めます。
  5. 開発から、生産、物流、販売まで、企業活動のすべてを絶えず見直し、環境への影響を検証し、継続的に
    改善していきます。
  6. 一人ひとりが地域の生活者であり、地球の一市民であることを肝に銘じ、行動していきます。
  7. 地球規模の視点に立ち、社会に貢献できる環境活動に取り組みます。

環境マネジメント体制

社長→経営会議→管理責任者→品質・環境委員会→ISO事務局(品質保証部)→各部門長

アサヒカルピスウェルネス社では、環境マネジメントシステムに関する国際規格であるISO14001を基盤とした環境マネジメントシステムを構築しており、認証を取得しています。
このシステムを効果的に運用するため社長を最高責任者として、経営会議の下に品質・環境委員会を組織し、環境に関する指標などを定期的にレビューすることで、地球環境にやさしい商品開発に繋げています。また品質と環境を同時にレビューすることで両方の視点に立った改善を進めてまいります。

アサヒカルピスウェルネス社におけるISO14001認証取得の対象範囲
(2017年7月1日現在)

健康食品・飼料添加物・飼料及び堆肥化促進材の開発、販売及び製造管理
ダイレクトマーケティング部、飼料事業本部、商品開発部、SCM部、品質保証部、企画管理部